カラダにピース CALPIS

「カルピス」由来健康情報室

アイコン

アトピー対策と注目の「L-92乳酸菌」

アトピー対策と注目の「L-92乳酸菌」

鳥居 新平 先生(医学博士)

鳥居 新平 先生(医学博士)名古屋大学医療技術短期大学部名誉教授、一社アレルギー科・こどもクリニック名誉院長

専門は臨床栄養学、アレルギー学、小児科学。日本小児アレルギー学会会長、日本アレルギー学会会長、厚生労働省特定用途食品検討部会委員などを歴任。日本を代表するアレルギーの専門家。著書に「小児ぜん息・アレルギー疾患食事療法HANDBOOK」(医歯薬出版)、「子どもの食事とアレルギーQ&A」(共著/第一出版)など。

近年のアトピー発症傾向

『つらいアトピーの症状。
子どもだけではなく大人の方も増えてきています。』

鳥居 新平 先生(医学博士)

鳥居先生:アトピーなどアレルギーを引き起こす物質であるアレルゲンは食べ物や化学物質などみなさまの生活環境の中に、ごくふつうに存在しています。また、アトピーの発症には環境因子に加え、個人の体質も大きく影響してきます。環境の変化やライフスタイルの多様化がめまぐるしい現代においてはその影響もなおさらです。
ここ20年ではアトピーの発症傾向も変わってきたんです。以前は乳幼児の発症が多く、学齢期になると自然に治っていましたが、最近では成人になっても自然に治ることなく症状が続く人や、悪化する人が増えてきています。
このようにアトピーの有病率が年々高まる中、その対策は発症してからのアトピーケアだけでなく、日頃から皮膚ケアや免疫バランスを崩さないよう心がけていくことが重要になってきているのです。

ページ上部へ

アトピーの発症メカニズム

『免疫バランスの崩れと皮膚バリアー障害に注意してください。』

鳥居 新平 先生(医学博士)

鳥居先生:アトピー性皮膚炎などのアレルギーは免疫バランスのくずれなどによって発症します。ヒトの免疫システムには、司令塔の役目をするTh1(主として感染に働くT細胞)とTh2(主としてアレルギーに働くT細胞)、Treg(主として免疫調節に働くT細胞)が関わっているといわれています。これらのT細胞は互いにバランスをとりながら免疫をコントロールしています。しかし環境や生活習慣によって、Th2が過剰になったりTregが弱まったりすると、免疫バランスがくずれ、アレルギーが発症してしまいます(図1)。つまり、アレルギー対策のポイントは、免疫バランスを整えることだといえそうです。

さらにもう1つ、「皮膚バリアー障害」にも注意が必要です。皮膚には表面に角質層と呼ばれる部分があります。正常な皮膚なら、この角質層とそのすぐ下の表皮がバリアーとなって細菌やアレルゲンの侵入を防ぎ、皮膚内部の水分の過剰な流出を防いでくれます。しかし、ふだんの生活の中でこの皮膚のバリアー機能が傷つけられると、そこからアレルゲンが入り込んでアレルギーを発症しやすくしてしまいます。皮膚バリアーを守るためにも、日頃からスキンケアを中心に皮膚の清潔と保湿を心がけるようにしてください。

  • アレルギーは免疫バランスの崩れなどが原因です。
  • アレルギー発症のメカニズム
ページ上部へ

「L-92乳酸菌」の働き①(アトピー)

『「L-92乳酸菌」の研究によってアトピーへの有効性が続々発表されています!』

鳥居 新平 先生(医学博士)

鳥居先生:いま、新たなアレルギー対策として専門家からも注目されているのが「L-92乳酸菌(ラクトバチルス・アシドフィルスL-92株)」です。この特別な乳酸菌は、免疫をつかさどる細胞に働きかけ、抗アレルギー作用を引き出してくれることがいくつもの研究から示唆されています。

「L-92乳酸菌」有効性データ8週間でアトピー症状改善

成人のアトピーへの有効性データ

神奈川県の横浜市大で池澤善郎先生らによって行われた試験では、中等症以上の難治例が多い成人のアトピー性皮膚炎に対して、有効性を確認することができました。

試験では18歳から54歳のアトピー性皮膚炎患者49名のうち、24名に「L-92乳酸菌」を含んだ食品を、25名に「L-92乳酸菌」を含まない食品(プラセボ)を、通常の投薬治療は継続したまま8週間摂取してもらい、その経過を比較しました。その結果、図2のように、「L-92乳酸菌」を摂取したグループでは皮膚炎スコア(SCORAD)が有意に低下したことが確認されました。また、図3ではアレルギー性の炎症に伴って増加する血液中の好酸球数がプラセボ群に比べて、有意に低下したことが示されました。さらに図4では「L-92乳酸菌」を摂取したグループは、Treg誘導因子の一つであるTGF-βが有意に増加したことがわかりました。

SCORADとは、Scoring atopic dermatitisの略語で、アトピー性皮膚炎の重症度(皮膚症状とかゆみ)を指数化したもの。英文の文献では、現在、最も広く採用されています。

  • 「L-92乳酸菌」摂取による皮膚炎スコアの変化
  • 「L-92乳酸菌」血液中の好酸球数の変化
  • 「L-92乳酸菌」Treg誘導因子(TGF-β)の変化
出典:Y Inoue et al : Int. Arch. Allergy Immunol.,165,247-54(2014)
小児のアトピーへの有効性データ①

4歳から15歳までのアトピー性皮膚炎患者20名を対象に、「L-92乳酸菌」を8週間摂取してもらい、その経過を比較していきました。図5では「L-92乳酸菌」を摂ることで重症度スコアが低下し、皮膚のかゆみや皮膚症状が改善してきていることがわかります。また、ステロイド軟膏の使用量が減ったことが示されました。図6でも有効と感じる割合が90%にも達しています。

  • 皮膚症状の変化
  • 「L-92乳酸菌」の有効例の比率
出典:Int. Arch. Allergy Immunol.,154,236-245(2011)/日本アレルギー学会春季大会(2006年度)
小児のアトピーへの有効性データ②

1歳から12歳のアトピー性皮膚炎患者50名を対象に、「L-92乳酸菌」を含む食品を摂取するグループ(26名)と「L-92乳酸菌」を含まない食品(プラセボ)を摂取するグループ(24名)に分けて、8週間にわたり試験を行いました。
その結果、図7のように「L-92乳酸菌」を摂取したグループでは摂取していないグループに比べて、皮膚症状+治療スコア(SMS)が改善しました。

皮膚症状の変化

出典:S Torii et al : Int. Arch. Allergy Immunol.,1154,236-245(2011)

「L-92乳酸菌」有効性データ長期摂取で、継続的に症状が緩和

長期摂取によるアトピー性皮膚炎への
有効性データ

16歳から49歳のアトピー性皮膚炎患者50名のうち、24名に「L-92乳酸菌」を含む食品、26名に「L-92乳酸菌」を含まない食品(プラセボ)を通常の投薬治療は継続したまま24週間摂取してもらい、経過を比較しました。
その結果、「L-92乳酸菌」を摂取した群では摂取していない群と比較して、皮膚炎スコア(SCORADおよびEASI)が改善しました。

図8のように、皮膚症状とかゆみなどの自覚症状から算出される皮膚炎スコア(SCORAD)は8週から24週にかけて継続して改善が確認されました。また、図9では皮膚症状から算出される皮膚炎スコア(EASI)は24週で改善が確認されました。

「L-92乳酸菌」の摂取によって、かゆみなどの自覚症状が早期に緩和され、続いて皮膚症状などが緩和される可能性が示されました。

  • 皮膚炎スコア(SCORAD,皮膚症状+自覚症状)
  • 皮膚炎スコア(EASI,皮膚症状)
出典:K Yamamoto et al : J. Dairy Sci., 99, 5039-5046 (2016)

「L-92乳酸菌」有効性データ乳幼児の症状も改善

乳幼児のアトピーへの有効性データ

あいち小児保健医療総合センターの伊藤浩明先生が行った最新の研究では、生後10ヶ月以上3歳未満の乳幼児のアトピー性皮膚炎でも有意な緩和が確認されました。その有効性データについては第63回日本アレルギー学会秋季学術大会(2013年)でも発表されています。
図10は、皮膚炎の重症度を示すスコアの推移を表したグラフで、「L-92乳酸菌」を摂取した群で有効であることがわかります。また、図11は血液中のアトピーに関連する2つの因子を調べたものです。TARCとは免疫バランスを崩す原因となるTh2が活性化することで産生される因子です。また、総IgE値はTh2が過剰な状態で産生されるものです。これらがどちらも下がっているということは「L-92乳酸菌」が過剰になったTh2を抑え、Th1とTh2で免疫バランスを整えた可能性が示唆されます。

  • 「L-92乳酸菌」摂取による皮膚炎スコアの変化
  • 血清マーカーの変化
出典:第63回日本アレルギー学会秋季学術大会(2013年)より 一部改編
アトピーへの「L-92乳酸菌」の有効性データが
発表され、子どもから大人まで
幅広い年代への有効性が確認されました。

鳥居先生:幅広い年代で「L-92乳酸菌」の効果が示されたといえます。この結果には非常に驚きました。今後のアトピー治療において、大変意義のある研究成果だと思います。

ページ上部へ

「L-92乳酸菌」の働き②
(通年性鼻炎・花粉症)

『「L-92乳酸菌」はアトピーだけでなく、通年性鼻炎や花粉症への有効性も確認されています。』

鳥居 新平 先生(医学博士)

鳥居先生:カラダの中の免疫バランスを整えると考えられる「L-92乳酸菌」には、アトピーだけでなく、通年性アレルギー性鼻炎や花粉症といったアレルギーへの有効性も確認されています。それぞれの症状において、「L-92乳酸菌」を8週間摂取したグループは有意な改善が確認されています。

「L-92乳酸菌」有効性データ8週間で通年性アレルギー性鼻炎の症状が改善

通年性鼻炎を持つ49名を2つのグループに分け、25名に「L-92乳酸菌」を含む食品を、24名に「L-92乳酸菌」を含まない食品(プラセボ)を8週間摂取してもらい、症状の変化を測定しました。その結果、図12図13のように「L-92乳酸菌」摂取群では、摂取していない群に比べ、鼻の症状は有意に改善、眼の症状は改善傾向にあることが確認されました。

  • 鼻の症状+治療スコア
  • 眼の症状+治療スコア
出典:Y Ishida et al : J. Dairy Sci., 88, 527-533(2005)

「L-92乳酸菌」有効性データ花粉飛散前8週間で予防効果を確認

花粉曝露試験施設(所在地:和歌山県有田郡有田川町、所有:NPO日本健康増進支援機構)において、「L-92乳酸菌」を用いたスギ花粉曝露試験を実施しました。試験では花粉症の症状をもつ人80名を「L-92乳酸菌」配合食品を摂取する3グループ(菌末量20mg、60mg、180mg)と「L-92乳酸菌」を含まない食品(プラセボ)を摂取するグループの計4グループ(各20名)に分け、花粉曝露を行いました。その後、8週間摂取してもらった後、再び花粉曝露を行い、摂取前後の眼や鼻などの花粉症の症状の変化を解析しました。
その結果、「L-92乳酸菌」摂取グループで、花粉再曝露後の眼の症状、鼻の症状に緩和が認められました(図14・15)

  • 「L-92乳酸菌」摂取による皮膚炎スコアの変化
  • 血清マーカーの変化
出典:榎本雅夫ほか、第56回日本アレルギー学会秋季学術大会(2006)よりデータ改編

「L-92乳酸菌」有効性データ花粉シーズン中の6週間の摂取で花粉症の症状が改善

スギ花粉シーズンに、花粉症の症状を持つ被験者23名のうち、12名に「L-92乳酸菌」を含む食品を、他の11名には「L-92乳酸菌」を含まない食品(プラセボ)を、6週間摂取してもらいました。その結果、「L-92乳酸菌」を含む食品を摂取したグループで、眼の症状スコアが有意に改善し、医薬品の使用頻度も減りました(図16・17)

  • 眼の症状+治療スコア
  • 医薬品の使用頻度
出典:Y Ishida et al :Biosci.Biotechnol.Biochem.,69(9),1652-1660(2005)
勘里裕樹:Medical Science Digest,35,27-30.(2009)

「L-92乳酸菌」有効性データ最新の試験でも花粉症症状緩和を確認

2018年1月~4月に行われた最新の試験では、12週間の摂取で花粉症の症状緩和を確認しました。花粉症有症(軽症~中等症)の成人男女163名を対象に「L-92乳酸菌」20.7mgを含む食品を摂取するグループ(81名)と「L-92乳酸菌」を含まない食品(プラセボ)を摂取するグループ(82名)に分けて、12週間摂取してもらいました。
その結果、「L-92乳酸菌」を摂取したグループでは摂取していないグループに比べて、眼のかゆみ、くしゃみの回数などの症状の緩和が認められました(図18・19)。また、同試験で眼SMS(眼の症状+治療スコア)でも、改善しました(図20)。さらに、今回の試験で、摂取12週間後のスギ特異的IgEの抗体量は減少傾向、ヒノキ特異的IgEの抗体量は有意に低い値を示したことも確認されました。このことから、「L-92乳酸菌」は、体内の免疫細胞に働きかけ、花粉症などのアレルギー症状を緩和していると考えられます。

  • 眼の症状(かゆみ)
  • 鼻の症状(くしゃみ)
  • 眼の症状+治療スコア
出典:薬理と治療, 46(12), 2011-2018(2018), データ改編
ページ上部へ

いますぐ実践!アトピー対策

鳥居先生直伝、毎日のアトピー対策

鳥居 新平 先生(医学博士)

鳥居先生:アトピー症状の改善のために、すぐに実践できるアトピー対策をご紹介します。私が診ている患者さんにもアドバイスしている、簡単な方法なので、ぜひ普段の生活の中でもやってみてください。

●衣類・ボディケア・食生活について
衣類・ボディケア・食生活について 強い界面活性剤の入っているシャンプーや洗剤は避け、昔風の石けんを使ったり、綿やシルクといった自然素材の衣服を着るなどを徹底しましょう。保湿など意識的に皮膚をケアしてあげることも忘れないでください。また、食生活では、肉を少なくして、魚を食べること、野菜は根菜類を多く摂るようにしてください。具体的には昔ながらの和食に近づけた献立で、それを1日3食摂ること。

このように従来の西洋医学的な薬を用いたアプローチに加え、食生活などの習慣を見直しカラダ全体のバランスを整えることをおすすめしています。臨床医としての経験からも、その方が症状の緩和や治癒に結びつきやすいように実感しています。身近なところからアトピーケアを実践して、刺激に負けないカラダづくりを心がけてください。

衣類・ボディケア・食生活について

ページ上部へ

ページトップへ