加齢による筋肉の衰えに「CP2998乳酸菌」

「カルピス」由来健康情報室TOP > 加齢による筋肉の衰えに「CP2998乳酸菌」

「CS19ペプチド」脳の認知機能の改善に

「CS19ペプチド」脳の認知機能の改善に

歩行能力と筋肉をケアする、今までにない乳酸菌の働きを大公開

日常生活の中でちょっとした段差につまづいてしまったり、歩くスピードが遅くなって横断歩道や踏切が渡りきれず焦ったり、ふとした時にバランスを崩しかけて転倒してしまったり…。加齢とともに、歩行にまつわるトラブルや不自由でお悩みの方は増えてきています。このような歩行機能の衰えは筋肉(活動)量の低下が原因です。予防のためには、運動習慣や筋肉をつくるアミノ酸などの成分摂取が知られていますが、最新の研究では乳酸菌による改善効果が確認されています。それが今までにない可能性を秘めた独自の乳酸菌「CP2998乳酸菌」です。超高齢社会と呼ばれる現代、いくつになってもすこやかでアクティブな生活を送っていくために。「CP2998乳酸菌」の特別な働きについて、詳しく解説いたします。