「C-23ガセリ菌」ストレス関連症状の緩和に

「カルピス」由来健康情報室TOP > 「C-23ガセリ菌」ストレス関連症状の緩和に > ストレスによる腹痛症状とその対策について

ストレスによる様々な症状と対策

腹痛のイラスト

便秘・下痢・IBS(過敏性腸症候群)、
お腹の不調でお悩みの方へ
腹痛とストレスの関係

腹痛イメージ画像

急にやってくる腹痛の原因とは?

緊張している時や、プレッシャーを感じるとお腹が痛くなる人がいます。
実は脳と腸は密接な関係があるため、脳がストレスを感じることで、内臓の働きに関係ある自律神経が乱れ、腸にも影響が出ると考えられています。
腸を動かす、ぜんどう運動は、自律神経によってコントロールされています。ストレスを受けて、自律神経が乱れると、このぜんどう運動が鈍ったり過剰に反応するため腹痛が起きます。


腹痛イメージ画像

腹痛の具体的な症状

腹痛にも便秘、下痢、IBS(過敏性腸症候群)など様々な症状があります。どれも内臓の働きに関係がある自律神経が乱れることで、腸本来の正常な働きができなくなることが原因です。便は腸の収縮運動によって体外へ押し出されますが、その動きが鈍くなると便秘になり、活発すぎると下痢になります。さらに、このような排便障害が慢性的に繰り返されるのがIBSです。症状がひどい方は、外出もためらうようになり、さらにストレスを感じてしまうなど悪循環が続くので、早めの対策と改善が必要です。

ストレスを減らし腹痛にならないために

まずは何よりも自律神経のバランスを整えることが大切です。バランスが乱れる原因となるストレスを溜め込まないように、気持ちをリフレッシュできる時間や場所を作るようにしてみてください。また、下痢、腹痛、過敏性腸症候群の治し方を薬だけに頼らないようにし、規則正しい生活(質の良い睡眠、食事、休息)を心がけるようにしましょう。


ストレスによる腹痛を改善!?
〝脳腸相関〟と「C-23ガセリ菌」(ラクトバチルス・ガセリ CP2305株)

近年、注目されているストレス研究の最前線、それが脳と腸が相互に情報を伝えあい、影響しあう〝脳腸相関〟です。その〝脳腸相関〟に働きかける注目の成分「C-23ガセリ菌」も研究が進み、ストレスによる様々な症状を改善する働きが実証されています。