「C-23ガセリ菌」ストレス関連症状の緩和に

「カルピス」由来健康情報室TOP > 「C-23ガセリ菌」ストレス関連症状の緩和に > ストレスによる不安感の症状とその対策について

不安、不眠、IBS(過敏性腸症候群)

ストレスのイラスト

「ストレス」と健康の関係日本人の2人に1人が感じている

ストレスイメージ画像

ストレスの正体と原因について

ストレスとは、様々な刺激を受けた際に、心身がバランスを保とうとする働きのことをいいます。刺激のことをストレッサーといい、主に物理的ストレッサー(気温、湿度、騒音など)、化学的ストレッサー(栄養の過不足、カフェイン、薬物など)、生物的ストレッサー(炎症、感染、痛みなど)、心理的ストレッサー(怒り、不安、恐怖など)がある他、人間関係や仕事のプレッシャー、不規則な生活リズムなども現代のストレッサーといえるでしょう。
ヒトは本来、ストレッサーの種類に応じたカラダの反応ができる適応性を備えています。しかし、過剰なストレスや慢性的なストレスは心身のバランスを崩す原因となり、バランスが崩れると「ストレスを受けている」と感じます。


ストレスの正体と原因について

ストレスが引き起こす症状や病気について

ストレスを感じると、カラダはホルモンを出したり、内臓を動かして血流をあげたり、体温を調整して、無意識に崩れたバランスを回復しようと働きます。しかし、この働きが過剰になったり、度重なると、個人差はありますが様々な症状や病気を引き起こし、めまいや頭痛・吐き気、自律神経失調症や不眠、IBS(過敏性腸症候群)といったストレス症候群として現れるのです。
イライラしたり、ストレス症状を感じていると思った時は専門医、専門機関などでストレス診断、ストレスチェックを受けてみるのも良いでしょう。

ストレス症候群

からだのストレス症候群(心身症)

  • 胃十二指腸潰瘍
  • 過敏性腸症候群
  • 自律神経失調症
  • 頭痛   など

こころのストレス症候群

  • 不眠
  • 不安障害
  • うつ病  など

ストレスと上手に付き合うには

日常生活を送る中で、すべてのストレッサーを排除するなど、ストレスフリーの状態で過ごすことは難しいでしょう。また、適度なストレスはカラダにとって必要であり、上手に付き合うことで、仕事の集中力や健康にも良い効果をもたらします。
ストレスを受けてカラダが過剰な反応をしてしまう前に、対策を心がけていきましょう。下のストレス発散方法やリラックス方法を参考に、忙しい毎日の中でも少しずつリラックスすることを意識してみてください。あるいは、自分の好きなことをするなど、自分なりのイライラ解消法を持つこともおすすめします。実践する際は完璧にやってみようとせずに、「まぁいいか」と心の余裕を持つことで、カラダのリラックスにもつながります。

ストレスを味方に!
とっても簡単、ストレス解消・発散リラックステクニック

  • テクニック

    好きな音楽を聴く、歌う、踊る
  • テクニック

    ストレッチや散歩など軽く運動する
  • テクニック

    栄養バランスの良い食事し、
    たっぷりと眠る(休む)
  • テクニック

    動画や漫画などを見て思いきり笑う

ストレスケアへの新しいアプローチ
〝脳腸相関〟と「C-23ガセリ菌」(ラクトバチルス・ガセリ CP2305株)

近年、注目されているストレス研究の最前線、それが脳と腸が相互に情報を伝えあい、影響しあう〝脳腸相関〟です。その〝脳腸相関〟に働きかける注目の成分「C-23ガセリ菌」も研究が進み、ストレスによる様々な症状を改善する働きが実証されています。