「年齢ペプチド」(ラクトトリペプチド)血管年齢の若返りに

「カルピス」由来健康情報室TOP > 「年齢ペプチド」(ラクトトリペプチド)血管年齢の若返りに > 「年齢ペプチド」(ラクトトリペプチド)の血管柔軟性への有効性

研究所と先生の共同研究で実証!

「年齢ペプチド」の血管年齢に対する有効性研究データ

いつまでも若々しく、
しなやかな血管を保つために

「年齢ペプチド」
(ラクトトリペプチド)の有効性データ

高沢謙二先生

高沢謙二先生

これまでの研究によって「年齢ペプチド」の血管に関する様々な健康効果が明らかになっています。 私たちが行ってきた研究の結果を中心に、その有効性データを解説いたします。

矢印

有効性アイコン

8週間の摂取で血管柔軟性の改善を確認!「年齢ペプチド」の有効性データ①

血管のイメージ

8週間の摂取で血管柔軟性の改善が確認されました。

試験概要
血圧が高めの人70名を2つのグループに分け、「年齢ペプチド」を含む食品または「年齢ペプチド」を含まない食品(プラセボ)を8週間摂取してもらい、PWV(脈波伝播速度:血管の硬さの指標)を計測しました。
結果
図1のように、「年齢ペプチド」を摂取した群では、摂取していない群と比較して、PWVが低下し、血管の柔軟性が改善しました。

出典:T Nakamura. et al.: Atherosclerosis, 219, 298-303 (2011).データ改編

血管柔軟性改善

有効性アイコン

「年齢ペプチド」と運動を組み合わせることで血管がよりしなやかになることを確認!「年齢ペプチド」の有効性データ②

家族のイメージ

「年齢ペプチド」と運動を組み合わせることで血管がよりしなやかになることが確認されました。

試験概要
閉経後の女性43名を4つのグループに分け、①プラセボ摂取、②運動+プラセボ摂取、③「年齢ペプチド」を含む食品摂取、④運動+「年齢ペプチド」を含む食品摂取を8週間継続してもらいました。

結果
「年齢ペプチド」を摂取することで、摂取前と比べて血管内皮機能が改善し、血管がしなやかになりました。また、運動を行ったグループでも同様の改善が確認されました。さらに、「年齢ペプチド」と運動を併用するとさらなる改善がみられました。この結果から、「年齢ペプチド」が血管をしなやかにし、「年齢ペプチド」と運動を組み合わせることで、効果が増すことがわかりました。

出典:M Yoshizawa. et al.: Am J Hypertens. 23(4)368-72.(2010)データ改編

運動の内容血管のしなやかさの変化

有効性アイコン

「年齢ペプチド」や食事指導により、血管年齢の低下を確認!「年齢ペプチド」の有効性データ③

食事のイメージ

「年齢ペプチド」や食事指導により、血管年齢の低下が確認されました。

試験概要
血管年齢が高めの女性14名を2つのグループに分けて、1つのグループには「年齢ペプチド」を含む飲料を8週間摂取していただき、もう片方のグループには8週間の食事指導を受けていただきました。
結果
図3のように、「年齢ペプチド」摂取群では、試験前と比較して、4週目、8週目に血管年齢の低下が確認されました。また食事指導群においても4週間目に、血管年齢の低下が確認されました(図4)。

出典:足立香代子ほか、第29回日本臨床栄養学会総会(2007)

食事の内容血管年齢の推移の図血管年齢の推移の図

有効性アイコン

血管の詰まり(プラーク)抑制の可能性も。「年齢ペプチド」の有効性データ④

血管のイメージ

血管の詰まり(プラーク)抑制の可能性が期待されます。

試験概要
高コレステロール血症モデルマウスに「年齢ペプチド」を含む餌を31週間摂取させました。
結果
「年齢ペプチド」を摂取していない群(対照群)では動脈にプラーク(こぶ)ができて内膜肥厚が見られたのに対し、「年齢ペプチド」を摂取した群では肥厚が抑制されました。この結果から「年齢ペプチド」による動脈硬化の予防の可能性が期待されます。

出典:赤桐里美ほか、第39回日本動脈硬化学会(2007)

内膜肥厚度に与える影響

血管の詰まりに与える影響

有効性アイコン

「年齢ペプチド」の摂取により血圧の低下を確認!「年齢ペプチド」の有効性データ⑤

血圧低下のイメージ

「年齢ペプチド」の摂取により、高めの方の血圧の低下が確認されました。

研究の結果、「年齢ペプチド」は血圧を低下させることが認められました。
その詳細な試験データを見ていきましょう。


試験概要
正常高値血圧の方(血圧が高めの方)104名を2つのグループに分け、それぞれに「年齢ペプチド」を含む飲料または「年齢ペプチド」を含まない飲料(プラセボ)を12週間摂取してもらいました。 

※正常高値:最高血圧130〜139mmHg、または最低血圧85〜89mmHgに該当する方


結果
「年齢ペプチド」を摂取した群では、摂取していない群と比べて、血圧が低下することが明らかとなりました。

出典:J Sano.et al. : J Med Food, 8, 423-430(2005).

※研究レビューの対象となった論文のうち、代表的な1報を事例として提示しています。

グラフ画像