「L-92乳酸菌」アレルギー症状の緩和に

「カルピス」由来健康情報室TOP > 「L-92乳酸菌」アレルギー症状の緩和に > 「L-92乳酸菌」のアレルギー症状への有効性

「L-92乳酸菌」のアトピー、鼻炎、花粉症などへの有効性研究データ

「アトピー性皮膚炎」「通年性アレルギー性鼻炎」「花粉症」のお悩みに

「L-92乳酸菌」の有効性データ

アレルギー症状

鳥居新平先生

さまざまな研究の末、「L-92乳酸菌」はアトピー性皮膚炎や通年性アレルギー性鼻炎、花粉症など、アレルギー症状への有効性が次々と明らかにされています。
一般的な乳酸菌とは異なるその特別な働きを、試験データを元に解説していきます。

矢印

有効性アイコン

子ども(乳幼児~小児)でも大人でも実証!「L-92乳酸菌」の「アトピー性皮膚炎」への有効性データ

家族イメージ

小児のアトピー性皮膚炎の症状緩和が確認されました。

鳥居新平先生

あいち小児保健医療総合センターの伊藤浩明先生が試験を行った乳幼児のアトピー性皮膚炎の研究データと、以前私が試験を行った小児のアトピー性皮膚炎への研究データで、「L-92乳酸菌」の有効性を確認しています。

矢印

試験概要
4歳から15歳までのアトピー性皮膚炎患児20名を対象に、「L-92乳酸菌」を摂取し、皮膚症状変化の観察および血液検査を実施しました。

結果
図1の横軸の-4から0週までが観察期間。一方、0から8週までが「L-92乳酸菌」の摂取期間で、スコアが高いほど症状が重いことを意味しています。結果、皮膚炎スコア(ADASI※)の推移は「L-92乳酸菌」を摂ることで、症状が改善してきていることを示しています(図1)。
また、90%の人に有効性(症状の改善)が確認されました(図2)。

出典:Int. Arch. Allergy Immunol.,154,236-245(2011)/
日本アレルギー学会春季大会(2006年度)

皮膚症状への変化

L-92乳酸菌の有効例の比率

※ADASIとは、Atopic dermatitis area and severity indexの略語で、医師による「皮膚炎の重症度と範囲」の判定と、「被験者の自覚症状(かゆみ)」をスコア化したもの。



試験概要
1歳から12歳のアトピー性皮膚炎患児50名を対象に、「L-92乳酸菌」を摂取するグループ(26名)と摂取しないプラセボのグループ(24名)に分けて、通常の投薬治療は継続したまま、8週間にわたり試験を行いました。
結果
図3のように、「L-92乳酸菌」を摂取したグループでは摂取していないグループに比べて、皮膚症状+治療スコア(SMS)が改善しました。
また血液検査の結果、TARC(Th2細胞を活性化する因子)の上昇も抑えられました(図4)。

出典:Int. Arch. Allergy Immunol.,154,236-245(2011)

皮膚症状+治療スコアの変化

血清中のTARC濃度



乳幼児のアトピー性皮膚炎の症状緩和が確認されました。

試験概要
あいち小児保健医療総合センターの伊藤先生が行った試験では生後10ヵ月以上3歳未満のアトピー性皮膚炎患児45名を対象に、「L-92乳酸菌」を通常量摂取するグループ25名と低用量摂取するグループ20名に分け、その経過を比較しました。
結果
図5の皮膚炎スコア(SCORAD※)の変化値を見ると、「L-92乳酸菌」摂取群で有効であるというデータが出ています。
また図6は血液中のアトピー性皮膚炎に関連する因子を調べたデータです。TARC※および総IgE※がどちらも下がり、アレルギー症状を抑えた可能性が示唆されています。

出典:第63回日本アレルギー学会秋季学術大会(2013年)より一部改編

皮膚症状(SCORAD)の変化

血清マーカーの変化

※SCORADとは、Scoring of Atopic Dermatitisの略で、アトピー性皮膚炎の重症度の程度を客観的に評価するために開発された指標。皮膚炎の範囲、皮膚炎の強さ、および主観的な症状の3つの要素から算出される。
※TARCとは、Thymus and Activation Regulated Chemokineの略で、血液中のケモカインの1種。アレルギーの炎症に関係する物質で、アトピー性皮膚炎の炎症とも関連性があると言われている。
※IgEとは、血液中に存在し、体外からの異物を捕まえる抗体の1種。IgEが過剰に働くと、かゆみや腫れを引き起こす原因物質が放出され、アレルギー反応を引き起こす。アレルギー検査項目の一つ。



成人のアトピー性皮膚炎の症状緩和が確認されました。

池澤善郎先生

これまで「L-92乳酸菌」の研究データでは、大人のアトピー性皮膚炎への有効性は明らかにされていませんでした。しかし私たちが神奈川県の横浜市大で行った試験では難治例が多い中等症以上の成人のアトピー性皮膚炎に対して、明確な有効性が示されました。

矢印

試験概要
18歳から54歳のアトピー性皮膚炎患者49名のうち、24名に「L-92乳酸菌」を含んだタブレットを、25名に「L-92乳酸菌」を含まないタブレット(プラセボ)を摂取してもらいました。通常の投薬治療は継続したまま8週間摂取してもらい、その他臨床経過を比較しています。
結果
図7のように、「L-92乳酸菌」を摂取したグループでは皮膚炎重症度(SCORAD)が低下したことが確認されました。また、図8ではアレルギー性の炎症に伴って増加する血中の好酸球数がプラセボ群に比べて低下しています。さらに図9では「L-92乳酸菌」を摂取したグループは、Treg誘導因子の一つであるTGF-βが有意に増加したことがわかりました。

出典:Int. Arch. Allergy Immunol.,165,247-254(2014)

皮膚炎スコアの変化

血液中の好酸級数の変化

Treg誘導因子の変化

鳥居新平先生

これらの有効性データが示す通り、幅広い年代のアトピーにおいて、「L-92乳酸菌」の有効性が明らかになったといえますね。
今後のアトピー性皮膚炎の対策として、とても意義のある研究成果が揃ったと思います。

矢印

有効性アイコン

一年中つらい眼と鼻の症状を改善!「通年性アレルギー性鼻炎」への有効性データ

通年性アレルギー性鼻炎イメージ

8週間の摂取で、眼と鼻の症状緩和が確認されました。

鳥居新平先生

「L-92乳酸菌」は、通年性アレルギー性鼻炎に対しても、その有効性が実証されています。

矢印

試験概要
ダニやハウスダストによる通年性アレルギー性鼻炎をもつ49名を2つのグループに分け、25名に「L-92乳酸菌」を含む飲料を、24名に「L-92乳酸菌」を含まない飲料(プラセボ)を8週間摂取してもらいました。
結果
図10・11のように「L-92乳酸菌」を摂取した群では、摂取していない群と比較して、鼻の症状は改善、眼の症状は改善傾向が確認されました。

出典:Y Ishida. Et al.: J. Dairy Science, 88, 527-533(2005)

鼻の症状+治療スコア

眼の症状+治療スコア

有効性アイコン

シーズン前~シーズン中の摂取で実証!「花粉症」への有効性データ

花粉症イメージ

花粉飛散時期の前、8週間の摂取で、眼と鼻の症状緩和が確認されました。

鳥居新平先生

花粉症への有効性は、NPO日本健康増進支援機構理事長 榎本雅夫先生の試験で実証されています。この試験は日本でも有数の施設である、和歌山県の花粉曝露試験施設(EEU-Wakayama)で行われました。自然曝露下の試験では困難だった、花粉量の調節や長時間の曝露などが一年中可能で、より詳細な分析を行うことができる画期的な施設です。

矢印

研究施設
(左)花粉曝露施設(EEU-Wakayama)(中)施設内の様子(右)花粉の飛散量を操作する装置


試験概要
花粉症の症状をもつ人80名を「L-92乳酸菌」配合食品を摂取する3グループ(菌末量20mg、60mg、180mg)と「L-92乳酸菌」を含まない食品(プラセボ)を摂取するグループの計4グループ(各20名)に分け、花粉曝露を行いました。その後、8週間摂取してもらった後、再び花粉曝露を行い、摂取前後の眼や鼻などの花粉症の症状の変化を解析しました。
結果
「L-92乳酸菌」摂取グループで、花粉再曝露後の「鼻の症状」、「眼の症状」に緩和が認められました(図12・13)。

出典:榎本雅夫ほか、第56回日本アレルギー学会秋季学術大会(2006)よりデータ改編

鼻の症状

眼の症状



花粉飛散時期、6週間の摂取で、症状の緩和が確認されました。

鳥居新平先生

また、上記とは別の花粉飛散時期中の摂取による試験でも、症状緩和への有効性が証明されています。

矢印

試験概要
スギ花粉飛散時期に、花粉症の症状をもつ被験者23名のうち、12名に「L-92乳酸菌」を含む食品を、11名には「L-92乳酸菌」を含まない食品(プラセボ)を、6週間摂取してもらいました。
結果
「L-92乳酸菌」を含む飲料を摂取したグループでは、眼の症状スコアが有意に改善し、医薬品の使用頻度も減っていることが示されました。

出典:Biosci.Biotechnol.Biochem.(2005)/Medical Science Digest(2009)

眼の症状+治療スコア

医薬品の使用頻度

鳥居新平先生

このように、「L-92乳酸菌」は、アトピー性皮膚炎、通年性アレルギー性鼻炎、花粉症などの、アレルギー症状への有効性が明らかにされています。
いずれの場合もこれらのアレルギー疾患に対して、医師の診断にもとづいたお薬などによる通常の治療を続けていることが大切ですが、近年、増え続けるアレルギー患者にとって、待望の乳酸菌だと言えるでしょう。
今後の研究成果にも注目していきたいですね。

矢印