カルピス社の健康情報室

「L-92乳酸菌」の特別な働き

今さまざまなアレルギー症状を緩和する方法として注目されているのが「L-92乳酸菌」。多くの専門家の間でも話題となっており、日本を代表するアレルギーの名医、鳥居新平先生も大きな期待を寄せています。ここでは「L-92乳酸菌」が持つアレルギー症状への有効性を、さまざまな研究データとともにご紹介していきます。

カルピス社が発見した独自成分「L-92乳酸菌」。
電子顕微鏡写真
カルピス社が発見した「L-92乳酸菌」*は、アトピーなどのアレルギー発症に関係する免疫バランスに働きかけるため、アレルギー症状の緩和効果が期待できます。 また、一般的な乳製品からは摂ることができない、とても貴重な乳酸菌です。
たくさんの研究から、
アレルギー症状緩和の有効性が確認されました。
*グラフのスコアは、高いほど症状が重いことを意味します。
アトピーの場合
4歳から15歳のアトピー性皮膚炎患者が一定期間「L-92乳酸菌」を摂取したところ、症状緩和の有効性が示され、薬の量が減少しました。また、試験を行った子供たちの90%に有効であることも確認されています。
「L-92乳酸菌」による皮膚症状の変化
通年性鼻炎の場合
通年性アレルギー性鼻炎の患者が「L-92乳酸菌」を摂取したところ、症状において有意な緩和が見られました。また、眠気、頭痛、めまい、吐き気、口渇などの副作用は認められませんでした。
*2003年度日本乳酸菌学会発表/2003年度第2回アジア乳酸菌国際検討会IN台湾発表
医薬品の使用頻度
花粉症の場合
室内でスギ花粉を散布された花粉症患者が、一定期間「L-92乳酸菌」を摂取したところ、症状の有意な緩和が認められました。また、Th2(アレルギー因子)を活発にする物質も、抑えられる傾向が見られました。
日本アレルギー学会秋季学術大会(2006年度)
「L-92乳酸菌」でカラダ全体のバランスを整えましょう。
子ども
アレルギーは、カラダの免疫システムそのものの不調であるため、特効薬がなかなかできません。アレルギー症状を緩和するためには、生活習慣を見直し、「L-92乳酸菌」でカラダ全体のバランスを整えながら、内側から強くすることが大切です。

アレルギーの名医 鳥居新平先生がおすすめするアレルギー対策

サイトTOPへ
「カラダにピース」なモノづくりと技術で、世界中に笑顔を