「L-92乳酸菌」アレルギー症状の緩和に

研究開発担当者が語る、「L-92乳酸菌」の特別な働き

アレルギー症状を緩和する

「L-92乳酸菌」とは?

「L-92乳酸菌」

弘田辰彦

「L-92乳酸菌」
研究開発担当
弘田辰彦

ポイント「L-92乳酸菌」のポイント

  • 正式名称は「ラクトバチルス・アシドフィルスL-92株」
  • 乳酸菌飲料「カルピス」の研究を起源にもつ、長年の乳酸菌研究から選び出された独自の乳酸菌
  • 研究の末、「L-92乳酸菌」にアレルギー症状の改善効果を確認

長きにわたる乳酸菌研究の中で選び抜かれた抗アレルギー作用のある乳酸菌

弘田辰彦

「L-92乳酸菌」は乳酸菌飲料「カルピス」の研究を起源にもつ、長年の乳酸菌研究から選び出された独自の貴重な乳酸菌で、正式名称は「ラクトバチルス・アシドフィルスL-92株」といいます。「L-92乳酸菌」の研究が始まったのは2000年頃のことです。研究所では数多くの乳酸菌を保有しています。ひとくちに乳酸菌といっても、その種類は何億にものぼり、それぞれの働きも異なるもの。研究の過程では、アレルギーへの適性を考慮し、さまざまな試験で有用性を厳密に確認していきました。そして最終的に選び抜かれたのが「L-92乳酸菌」です。

他の乳酸菌とは一線を画す、「L-92乳酸菌」の特徴とは?

弘田辰彦

「L-92乳酸菌」はヒト由来の乳酸菌で、細長い形をしています。牛乳やヨーグルトなどの一般的な乳製品からは摂ることができないので、大変貴重なものとされています。また、他の乳酸菌と比べ、「L-92乳酸菌」はアレルギー症状への働きと適性において群を抜いています。このように明確にその有効性が実証されている乳酸菌は希少だと思います。

医師も認める「L-92乳酸菌」の働きと有効性

弘田辰彦

近年の研究ではアレルギー科、皮膚科、耳鼻科、小児科などの専門医や第三者機関との共同研究により、詳細な働きの解明が進んでいます。2015年1月には新たな有効性データが論文発表され、学会でも高く評価されています。「L-92乳酸菌」のように明確にその働きがわかっている乳酸菌はとても希少であり、アレルギー症状への最新対策として注目されています。

コラム〜「L-92乳酸菌」研究ヒストリー〜

「L-92乳酸菌」が発見されるまで

研究所では数多くの乳酸菌を保有しています。ひとくちに乳酸菌といっても、その働きは種類ごとに異なっています。「L-92乳酸菌」を発見した際は、まずヒトの免疫機能への適性を考慮し、その中から10種類の菌を選び出しました。次にそれらの菌の抗アレルギー作用を調べ、最終的に選び抜かれたのが「L-92乳酸菌」です。


解き明かされる「L-92乳酸菌」の働き

「L-92乳酸菌」の研究は2000年頃に始まりました。研究を通じて「L-92乳酸菌」が免疫細胞のバランスを整えることで、花粉症、通年性アレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎などのアレルギー症状を緩和することを明らかにしました。「L-92乳酸菌」のように明確にその働きがわかっている乳酸菌は希少だと思います。


続々と発表される「L-92乳酸菌」の研究成果

「L-92乳酸菌」の研究成果は今ではさまざまな学会で発表され、注目を集めています。特にアトピー性皮膚炎やアレルギー性鼻炎、花粉症などのアレルギー症状への効果に関しては、外部の専門家や研究機関との共同研究によって度々明らかにされており、今後さらなるメカニズムの解明が期待されています。