「枯草菌C-3102株」腸内環境の改善に

研究開発担当者が語る、「枯草菌C-3102株」の特別な働き

腸内環境を整える

「枯草菌C-3102株」とは?

成分イメージ

研究開発担当 畑中さん

「枯草菌C-3102株」
研究開発担当
畑中美咲

ポイント「枯草菌C-3102株」のポイント

  • ビフィズス菌とも乳酸菌とも異なる、独自成分「枯草菌C-3102株」
  • 99%の菌が生きて大腸まで届く
  • 一人ひとりが腸内に元々持っている善玉菌を増やし、腸内環境を改善する

健康のカギは、その人にとって最適な腸内環境をつくること

ヒトの腸内には多種多様な微生物が生息し、その様子は“腸内フローラ”と呼ばれ、さまざまな植物が群生する花畑に例えられるほどです。善玉菌や悪玉菌など、腸内に存在する菌の種類や数のバランスは一人ひとり異なっています。腸の健康を保つ秘訣は、元々その人が腸内に持っている善玉菌を活かし、その人にとって最適な腸内環境をつくることです。

腸内環境イメージ

ビフィズス菌や乳酸菌とは異なる、独自成分「枯草菌C-3102株」

研究開発担当 畑中さん

そこで私たちが研究を進めてきたのが「枯草菌C-3102株」です。「枯草菌C-3102株」はビフィズス菌や乳酸菌といったふつうの善玉菌とはまったく異なるメカニズムで働き、しっかりと腸内環境を整えてくれます。
「枯草菌C-3102株」は乳酸菌飲料「カルピス」に由来する微生物研究により発見された自然由来の菌です。納豆菌も枯草菌の一種で、日本人になじみのある食品と関係が深い菌です。


納豆イメージ

99%生きて大腸まで届く「枯草菌C-3102株」

研究開発担当 畑中さん

乳酸菌やビフィズス菌は胃酸や熱の影響を受けやすく、生きたまま大腸まで届くのは一部だけです。一方、「枯草菌C-3102株」は“芽胞”と呼ばれる丈夫な天然の殻に包まれています。そのため胃酸や熱の影響を受けることなく、99%が生きて大腸まで届き*、独自の働きでしっかりと善玉菌を増やし、腸内環境を整えてくれることに期待ができます。
*人工胃腸管モデルで検証

成分(芽胞)の断面図

一人ひとりが元々腸内に持っている善玉菌を増やす「枯草菌C-3102株」

成分のイメージ

「枯草菌C-3102株」は一人ひとりが元々腸内に持っている善玉菌を増やすという、画期的な働きで腸内環境を整えてくれます。体外から補った乳酸菌やビフィズス菌などは腸内環境にフィットせず、すぐに排出される可能性があります。しかし、「枯草菌C-3102株」は補うだけのケアとは違い、増やして育てる、特別なチカラを持った菌なのです。

腸内環境が乱れがちな現代人にとって、最適な「枯草菌C-3102株」

このような「枯草菌C-3102株」の“99%生きて大腸まで届く*”特徴と“一人ひとりが元々腸内に持っている善玉菌を増やす”という独自の働きは、腸内環境が乱れがちな現代人にとって最適なケアだと確信しています。
とくに食生活の乱れやストレスで腸内環境の乱れが気になっている方に効果的な成分だといえます。また、年齢とともに腸内の善玉菌の数は減っていきますので、中高齢者の方にもおすすめです。
*人工胃腸管モデルで検証