ストレスを原因とする不調のケアに「C-23ガセリ菌」

「カルピス」由来健康情報室TOP > ストレスによる症状に働く「C-23ガセリ菌」

「C-23ガセリ菌」」

「C-23ガセリ菌」

虫眼鏡

腸から脳に働きかける、

特別な「C-23ガセリ菌」の働きを大公開

職場や学校、プライベートでの人間関係や日常生活における疲れなど、何かとストレスを感じることはありませんか?
たまったストレスは平常心を乱したり気持ちの余裕を奪うだけでなく、不眠、腹痛といった腸の不調にもつながります。
逆に腸の調子を整えることで、ストレスによる不安感や不眠が改善されることが分かってきています。
こうしたストレスを感じる脳と消化器の一つである腸との意外な関係を〝脳腸相関〟といいます。
この〝脳腸相関〟に着目して研究が進められているのが乳酸菌の一種でもある「C-23ガセリ菌」です。
研究の結果、「C-23ガセリ菌」の特別な働きやストレスケアにおける有効性も続々と確認されています。
ストレス社会に生きる現代人にとって、期待の乳酸菌とも呼べる「C-23ガセリ菌」について、詳しく見ていきましょう。

〝脳腸相関〟とは

これまでの研究によって、腸は消化吸収のためだけの器官ではなく、ヒトのカラダにおける最大の免疫系組織であり、多くの神経系・内分泌系組織が集まっていることがわかっています。そのため"腸は第二の脳"と呼ばれ、ヒトのカラダに多くの影響を与えています。

単なる消化吸収の器官ではない腸の秘密

  • ① ヒトのカラダを守るリンパ球の6割が集まる最大のリンパ組織(免疫系)
  • ② 首から下の神経の半分以上が集まる最大の末梢神経組織(神経系)
  • ③ 全身の器官の機能をコントロールするさまざまなホルモンを生産(内分泌系)

これらの腸の働きと脳は相互に情報を伝え合い、カラダの働きを調整しています。
この脳と腸との関係を〝脳腸相関〟と言います。例えば腸の調子がいいと脳もリラックスしてぐっすり眠れたり、反対に脳が緊張を感じると、腸の調子を崩し、お腹が痛くなったり…。ストレス社会とも言われる現代において、〝脳腸相関〟は注目の健康テーマとして多くの研究が進められています。


〝脳腸相関〟詳しくはこちら

脳腸相関