独自成分と様々な症状に関する研究成果を発信します

「カルピス」由来健康情報室TOP > 当サイトについて

乳酸菌で人々の健康に貢献したいと考えた三島海雲は、日本初の乳酸菌飲料「カルピス」を生み出しました。「「カルピス」由来健康情報室」は、その志を受け継ぎ、第三者機関や外部の専門家、研究者の協力も得ながら、長年続けられてきた乳酸菌・微生物の研究や、それら科学的根拠のある確かな独自成分に関する様々な情報を、わかりやすく発信してまいります。

独自成分について

各分野の専門家のご紹介

鳥居新平先生

日本を代表するアレルギーの名医
鳥居新平先生(医学博士)

名古屋大学医療技術短期大学部名誉教授、一社アレルギー科・こどもクリニック名誉院長。専門は臨床栄養学、アレルギー学、小児科学。日本小児アレルギー学会会長、日本アレルギー学会会長、厚生労働省特定用途食品検討部会委員などを歴任。日本を代表するアレルギーの専門家。著書に「小児ぜん息・アレルギー疾患食事療法HANDBOOK」(医歯薬出版)、「子どもの食事とアレルギーQ&A」(共著/第一出版)など。

池澤善郎先生

アトピーと皮膚疾患のエキスパート
池澤善郎先生(医学博士)

横浜市立大学名誉教授・あい皮ふ科アレルギー科院長。専門はアトピー性皮膚炎、蕁麻疹、薬疹、接触皮膚炎など。日本接触皮膚炎学会会長、日本職業・環境アレルギー学会会長、日本皮膚アレルギー学会会長、日本皮膚科学会東京支部学術大会長、日本アレルギー学会会長、東京都アレルギー性疾患対策検討委員会委員などを歴任。著書に「アトピー性皮膚炎 ここまで分かった!ここまで治る!!」(北隆館)、「薬疹のすべて」(南江堂)など。

高沢謙二先生

「血管年齢」を考案した血管の名医
高沢謙二先生(医学博士)

1952年生まれ。浦和高校、東京医科大学卒業。現在は、東京医科大学病院健診予防医学センター特任教授、東京医科大学名誉教授、北京大学客員教授、日本循環器学会専門医、国際血管健康学会(ISVH)理事、日本臨床生理学会理事、日本総合健診医学会審議員を務める。著書は主婦の友社より「ぐうたらでも血圧がグングン下がる50の方法」、マキノ出版より「血管年齢が若返る本」、PHPより「知らないと怖い血管の話」、ソフトバンククリエイティブより「やわらかい血管で病気にならない」等がある。「世界一受けたい授業」、「ためしてガッテン」、「サタデープラス」等のテレビ番組にも出演。

池谷敏郎先生

血管ケアのスーパードクター
池谷敏郎先生(医学博士)

1962年生まれ。内科専門医、循環器専門医、医学博士。1988年、東京医科大学医学部卒業後、同大学第二内科入局。1997年、池谷医院院長に就任。東京医科大学客員講師。臨床の現場に立つ傍ら、内科、循環器科のエキスパートとして、『林修の今でしょ!講座』、『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日)、『深層ニュース』(BS日テレ)などのテレビ番組に出演中。著書に『「血管を鍛える」と超健康になる!』、『血管の名医が教える15歳若返る習慣』(三笠書房)、『かくれ高血糖が体を壊す』(青春出版)など多数。

田中孝先生

消化器と腸内環境ケアのスペシャリスト
田中孝先生(医学博士)

田中消化器科クリニック院長。昭和52年広島大学医学部卒業、昭和57年ボストン大学医学部留学、昭和58年広島大学医学部大学院卒業。潰瘍性大腸炎の病因に関する研究で博士号取得、静岡県立総合病院に内科医として勤務(内科副医長、内科医長)、平成2年田中消化器科クリニック開業。日本抗加齢医学会理事。著書に主婦の友社より「よくわかるアンチエイジング入門」(共著)。

横越英彦先生

食品栄養科学の専門家
横越英彦先生(農学博士)

1946年生まれ。静岡県立大学名誉教授。昭和45年京都大学農学部卒業、名古屋大学大学院農学研究科博士課程満了。その後、名古屋大学農学部助手、マサチューセッツ工科大学研究員、静岡県立大学食品栄養科学部教授、平成24年より中部大学応用生物学部教授を歴任。栄養学の中でも「脳と栄養の関係」の研究における第一人者。著書は「老化抑制と食品-抗酸化・脳・咀嚼-」(共著/アイピーシー)、「脳と栄養-行動の分子基盤を求めて-」(共著/建帛社)、「脳機能と栄養」(編者/幸書房)、「脳と栄養ハンドブック」(共著/サイエンスフォーラム)など多数。